×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

発泡スチロールに穴を空ける方法 (2003.07.02)

今回はサーボなどのメカホールをイメージしました。

 ■まず、カッター刃の”折る辺”と言うのかな?を磨ぎます。

僕は刃が焼けないように注意しながらグラインダーで磨いでいます。
 ■次に刃物油を塗ります。もちろん余分な油は拭いてください。
油の量は新品のカッター刃に付着している程度がいいようです。

(新品のカッター刃がよく切れるのは少なからず油が関係していると予想します。)
 ■そしてカット

驚くほど刃がスッと入ります。

(僕は大サイズのカッターを使いましたが、この作業には細身のカッターの方がいいでしょう。適材適所で使い分けてください。)
 ■95%出来上がりの図

くり貫いた発泡剤は裏側からサーボの厚み分押し出して接着します。

この出っ張りを下の発泡と面一にカットすると裏側にはサーボなどのメカホールができます。
 ■実用例

サーボホールができました。