×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

鉛テープの製作 (2004.09.17)

重心合わせの免罪符。鉛テープを紹介します。

材料と工具

材料は「板鉛」と「紙系の両面テープ」です。

「板鉛」は「釣り道具屋さん」で売っています。
「フィルム系両面テープ」を使うといろんな意味で頑丈ですが、現場で急ぎのときに指では千切れません。
「用途別に作り置き」するのもいいでしょう。
板鉛を両面テープの上に貼ります

これに使う両面テープは紙系で大きめのモノがいいです。
鉛の長さは10cmが目安です。

トントン・・・
当て木をあてて小ハンマーで静かにタタキます。

目的は鉛の平面出しと空気抜きです。
強くタタクと鉛が延びてしまいますから力は要りません。
余分なテープをカットします。

鉛が曲がって見苦しい場合は一緒に切って直を出します。
出来上がり

これの何処が小技なのか?

実のところ、鉛テープを常時工具箱に忍ばせておくことが小技なんですよ。
使用例

ハサミやカッターで簡単にカットできます。(急ぎには指でも可能)

曲面にも沿いますし、重ね貼りもOKです。

間違えた使い方についてのご指摘やアドバイス、質問などお聞かせください。