主翼長の決定方法 (2005.03.28)

主翼の長さとSAL投げのし易さ、浮きの良さには無視できない関係があります。

僕らの考え方

僕は競技人ではありませんから自由な考え方ができます。

大きな主翼は浮きが良いのですが投げにくく高度が取れません。逆に小さな主翼は投げやすいのですが翼面加重で損をして浮きの悪い機体になり勝ちです。

「くろすけさん」がいろんな機体でサイズを試したところ、初心者がミスランチを起こしにくく浮き的に妥協できるサイズは「肩の高さが基準」で、実際には”肩より少し低いくらい”となりました。

(僕の場合は1100mmが基準です。)
(いろんな機体/実験日:2002)
競技思考なら

競技ルールに沿って決定する必要があります。ちなみに翼長:1500mm以内とされている競技が多いようです。

                    

ご指摘やアドバイス、質問などお聞かせください。