×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

STX−7でPPシートにケガキ (2004.12.22)

STX−7はステッカーカッティングの機器です。もちろんステッカー以上に厚みのあるシートのカッティングには不向きです。

でも、カッティングシートと同じ厚みのPPシートにケガキを入れることは可能ではないかと思いつきました。

この反則技を真似する方は自己責任でお願いしますね。(^^)

まずはデザインです。

付属のソフトでテキトーにカキカキ・・・

鳥の羽をモチーフにしましたが、見ようによっては「葉っぱ」かも・・・
そしてカッティングならぬケガキ

刃物を痛めはしないか?また本体にストレスはないか?と不安でしたが異音もなく作業ができました。

刃先の出し量を一般的なステッカーと同じにすることが絶対条件です。
ケガキ完了!

ステッカーと同じ厚み分のケガキ線が入った状態です。

この色、やっぱり「葉っぱ」?
アートナイフで切り抜きます。

もともと半分は切れているので切削はラクと言えますが、蛍光灯で逆光を作ってケガキ線を見つめる作業なのでショボクなった目にはキツイです。
あとは色を塗るだけです。

この小技を駆使して作ったのはマスキング用のテスクチャーなんです。(^^)

スチレン機ならネオジウム磁石で簡単に固定できますよ。
懺悔します
最初のデザインはもっと細かいものでした。

でも、目が疲れるので大雑把なものにデザインを変更しました。

上空では細かなデザインが見えるはずもないし・・・

                    

ご指摘やアドバイス、質問などお聞かせください。