×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

STXのトラブル

便利なカッティングマシンで、滑らかにシートを切る様は思わず見入ってしまいますが、ときに思わぬアクシデントに見舞われます。

僕が遭遇し解決した問題をメモしておきましょう。

トラブル その@ (お間抜けな話)
このカッティングマシンはA4サイズですが・・・

A4幅のカッティングシート専用のマシンですが、シートの両端は送りローラーがあるので実際にカットしているのはB5幅くらいです。A4幅いっぱい切ることはできません。

(デザイン時に考慮しておきましょう。)
トラブル そのA
カッティング中に「ガガガ」と音がして用紙送りが上手くできないときは・・・

ローラーのオイル切れです。

赤丸を付けてあるのはマシンのカッティングマットですが、このマットをハグると下にローラーがあります。
そこに注油すると「用紙の送り不良」は解決します。
トラブル そのB
カッターホルダー@

丸をつけてあるところからカッターが覗いています。

とくに運搬時に刃先を傷つけることがないように注意。
カッターホルダーA

カッティング中に剥がれたステッカーやステッカーカスがこの面に貼り付くことがあります。

ステッカーが貼り付くと刃物がカッティングしたいステッカーシートの厚みをクリヤーできないので切断不良が起こります。
(クリヤーのステッカーカスは特に注意)
トラブル そのC

プリンタのプロパティ画面
カッティングサイズ そのA

OSとの相性でカットできるシートの長さが変わります。
具体的にwin meまでのOSで可能だった長尺カット(1m以内)の機能が2000以降のOSでは160×270mmまでのカットしかできなくなりました。

かなり不便です。

                    

ご指摘やアドバイス、質問などお聞かせください。