×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スチロールカットの電源装置

熱線の温度について不安がありましたが、あるTV番組の特集でスチロールカットに最適な熱線温度は180℃だとコメントするプロの談話があり、それ以後は自信を持ちました。

案外、身の周りの電源が流用可能なようですが注意して選んでください。

充電器を電熱器として使う場合

(蓋を開けたらすぐ使える充電ユニット)
BX−202の場合
僕のカッターならのカット電流は2〜2.5A。

温度が高すぎるとカットの難度が上がりますからご注意。
当初は僕も発泡のカットの電源に近藤科学(KO)のBX−202を使用しておりました。(懐かしいなぁ)
専用電源を製作
交通事故的に完成

当初、使っていたBX−202から割り出した電流、電圧からパソコン用電源を改造すれば使えるらしいことが判った。

回路は「まるはさん」に割り出しを依頼、2段階の熱量切り替えスイッチを追加して実用レベルに達した。
切り替えスイッチ

PC用AT電源には115Vと220Vの切り替えSWがある。

デザインをそのままに温度のセレクトスイッチにした。

HI(220V)=大カッター用、LOW(115V)=小カッター用として抵抗を割り振ってあります。

                    

間違えた使い方についてのご指摘やアドバイス、質問などお聞かせください。