×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ■クリック その@ (2004.07.08)

飛ばす物がなくなった時の保険とEPPのカラーリングテストのために超お手軽機体”CLIC”を製作しました。

まずはEPPの切り出しです。


はさみ切りの図
まず、EPPを機体の平面形に切り出します

まっすぐカットするには平行定規ではさみ切りするのがいいでしょう。

絶対平行に切れる秘密兵器です。

機体の平面形 あれ?
平面形完成?

丸を付けたあたりが変です。
上画像の丸を付けた部分のアップですが・・・

同じロットで買ったはずのEPPなのに厚みが違います。
保管場所の寒暖差が影響したのでしょうか?

だとしたら発泡率が違っているから左右の重さも違うかなぁ?
仕方ない・・・

EPPを左右翼ともに削いでの厚みを揃えましょう。

・・・僕ってスチロールのカットは得意なほうかな?・・・
翼型カットの前に

サーボホールを空けておきます。
一旦EPPをくり貫き、サーボの厚みを差し引いたEPPを埋め戻します。

方法はこちらでも紹介しています。
サーボホールが完成したら翼型カットです。

翼型カット中の画像はありません。(カット中の撮影は一人じゃ無理です。)
クリック用のテンプレート

合計4枚です。(撮影前に油をふき取っておくべきでした。)